お母さんに選ばれる3つのポイントとは?

ベイビーサポート新規バナー(2017/4/27追加)

性別を早く知るには

phm20_0180-s.jpg
一般的に、お腹の中の
赤ちゃんの性別がわかるのは、
検診時の超音波検査で、
早い人であれば4カ月半くらいからです。

 

そして、男の子の場合であれば、
判断がしやすいのですが、女の子の場合、
赤ちゃんの向きによってもわかりにくく、
妊娠後期になるまで、はっきりとわからないこともあります。

 

 

そして、性別を最も早く知る方法として、CVSがあります。
これは、妊娠9週目から11週目あたりに行うことが可能で、
子宮頸管の絨毛組織をとって培養し、遺伝子を調べる方法です。

 

この方法は、お腹に針を刺してするやり方と、膣経由で行う方法がありますが、
どちらになるかは、胎盤の位置によって、
お医者さんが判断することになっています。
しかし、この方法に関しては、まだ日本で行われている病院が、
少ないというのが現状です。

 

また、羊水検査で性別を知ることも可能です。
この検査も、子宮に針を入れ羊水を取り、
その羊水の中の胎児の細胞を調べます。
しかし、これらの方法は、流産のリスクもあるので、
検査を希望するときには、よく考えてから決断しましょう。

 

 

このように、性別を早く知るための方法は、ないわけではありません。
そして、産み分けをしている人にとって、
性別は、できるだけ早く知りたいことでしょう。
だからといって、これらの検査には、それに伴いリスクもあるので、
慎重に考えることが大切です。



 

 

成功率93.3%の女の子産み分け法とは

産み分け

産み分け第一人者の吉田 美里氏が800人以上の成功者を出した健康な女の赤ちゃんを産む方法とは?!

 

 >> 公式サイトをチェック

 >> 男の子の産み分けはこちら