お母さんに選ばれる3つのポイントとは?

ベイビーサポート新規バナー(2017/4/27追加)

着床前診断

fotolia_30200076_xs.jpg
着床前診断とは、
受精卵が子宮に着床する前に、
受精卵を取り出して、
染色体異常や遺伝子疾患がないかを、
調べるものです。

 

 

この検査をすることによって、
体外受精を行った場合の妊娠率を上げることが可能になったり、
習慣性の流産を繰り返している人が、
流産を予防したりすることが可能になります。

 

 

また、遺伝子疾患や染色体異常があるかどうかを、調べることもできます。
そして、この方法を使えば、男女を正確に選別して、
受精卵を戻すことができるので、通常の産み分けの方法にくらべ、
かなりの高い確率で、産み分けをすることも可能です。

 

 

それでは、この検査方法は、どういった方法で行われているのでしょうか?
この着床前診断では、まず、排卵誘発剤を使って、
いくつかの卵胞を育てます。

 

そして、それを取り出したのち、体外受精して、
受精卵がある程度分裂したところで、
染色体や遺伝子に問題がないかを調べます。
そこで、これらの受精卵の中で、診断結果に問題がなく、
発育が可能なものを選別して、子宮に戻します。

 

 

こういった方法を取り入れることによって、妊娠中の流産の確率を低くしたり、
妊娠する確率を高めたり、遺伝子疾患の回避をすることが可能になります。

 

しかし、その一方で、この着床前診断には、多額の費用がかかるため、
なかなか取り入れにくいというデメリットもあります。



 

 

成功率93.3%の女の子産み分け法とは

産み分け

産み分け第一人者の吉田 美里氏が800人以上の成功者を出した健康な女の赤ちゃんを産む方法とは?!

 

 >> 公式サイトをチェック

 >> 男の子の産み分けはこちら