お母さんに選ばれる3つのポイントとは?

ベイビーサポート新規バナー(2017/4/27追加)

基礎体温をつける

a0002_007575.jpg
基礎体温をつけることは、
産み分けをするためには欠かせない要素です。

 

継続することで、ある程度
排卵日を特定することができ、
そうすれば、女の子を授かるための
タイミングをつかむことも可能です。

 

 

そして、基礎体温をつけていると、産み分けのタイミングが分かるだけでなく、
自分自身の体調や、婦人科系の病気に、
早めに気がつくチャンスにもなります。
ですから、産み分けをしたい人はもちろん、そうでなくても、
基礎体温をつけることをお勧めします。

 

そこで、基礎体温の計り方は、毎朝目覚めてから、体を動かす前に計ります。
そして、基礎体温をはかるときは、婦人体温計を使用します。
この体温計は、通常のものより、目盛りが細かくなっており、
薬局にいけば、簡単に手に入れることができます。

 

 

また、この体温計には、水銀式とデジタル式があります。
水銀であれば、精度が高い反面、計測に時間がかかります。
デジタル式は、計測時間は短くて済みますが、精度は劣ります。
このように、一長一短なので、自分で継続できそうなものを選択し、
使用すると良いでしょう。

 

そこで、基礎体温をつけた時に、低温期と高温期が不明確であったり、
月経の周期が一定でない場合は、しばらく継続したうえで、
一度受診することをお勧めします。

 

 

こうして病院に行き、検査することによって、
月経が不規則である原因がわかったり、排卵日が分かりにくい人は、
排卵日を特定しやすくなります。
場合によっては、排卵されていないケースもあり、
そうであれば、治療が必要なこともあります。

 

このように、基礎体温をつけることは、産み分けだけでなく、
体調管理にも役立ちます。



 

 

成功率93.3%の女の子産み分け法とは

産み分け

産み分け第一人者の吉田 美里氏が800人以上の成功者を出した健康な女の赤ちゃんを産む方法とは?!

 

 >> 公式サイトをチェック

 >> 男の子の産み分けはこちら