お母さんに選ばれる3つのポイントとは?

ベイビーサポート新規バナー(2017/4/27追加)

病院の選び方

a0002_000225.jpg
産婦人科といっても、病院の規模や形態だけでも、
さまざまな種類があります。

 

代表的なのが、

  • 大学病院
  • 総合病院
  • 個人病院
  • 助産院

です。

 

それぞれについて詳しく紹介しています。

 

 

それぞれの特徴、違い

大学病院

まず、大学病院であれば、研究機関があるので、
最新の医療を受けたい人に、向いています。

 

ただ、細かいケアなどを望む人には向いていないかもしれません。

 

総合病院

総合病院であれば、緊急時に対応してもらうこともできます。
看護師や医師の人数も多いので、患者さんが多い時でも、安心です。

 

また、持病を持っている人や合併症のある人であっても、
設備が整っているので、緊急時の不安要素が少なくなるでしょう。
しかし、担当医師が変わったり、妊婦教室がなかったり、

 

食事についても、あまり期待できません。

 

個人病院

次に、個人病院は、
きめ細やかな対応やさまざまなサービスは充実しています。

 

マタニティビクスや赤ちゃんの衣類を作る教室といった妊婦教室や、
食事にも、力をいれているところが多くあります。

 

また、1人の先生が担当してくださる病院も多くあるので、
担当医が変わることに不安を感じる人であれば、個人病院はお勧めです。

 

助産院

助産院は、持病や合併症がある場合は、相談する必要がありますが、
家庭的で温かい雰囲気での出産ができます。

 

 

このように、病院の規模によっても、異なりますが、産み分けに関しても、
積極的に取り組んでいる病院と、そうでないところがあるので、
病院を選ぶ時には、そこも調べておく必要があります。

 

また、産み分け指導で通う場合は、頻繁に行く必要があるので、
医師の相性だけでなく、通いやすさもポイントになります。



 

 

成功率93.3%の女の子産み分け法とは

産み分け

産み分け第一人者の吉田 美里氏が800人以上の成功者を出した健康な女の赤ちゃんを産む方法とは?!

 

 >> 公式サイトをチェック

 >> 男の子の産み分けはこちら

 

 

病院の選び方関連ページ

産み分け方の指導内容
産婦人科別の特徴