お母さんに選ばれる3つのポイントとは?

ベイビーサポート新規バナー(2017/4/27追加)

産婦人科別の特徴

doctor2.gif
産み分けの確率を高めたい場合は、
自宅で産み分けをするより、
病院で、排卵日を特定してもらうことがポイントです。

 

そのためには、産み分け指導を
積極的に行っている産婦人科を選ぶことが大切です。

 

 

まだ、日本では産み分けをすることに対して、
承認されているわけではないので、どこの病院でも、
産み分け指導を行っているわけではないので、
受診の際は、そのことを確認する必要があります。

 

 

そして、産み分け希望で受診するときは、
SS研究会に加盟している医師をお勧めします。
この研究会では、産み分けの研究を行っている医師たちが集まり、
情報交換を行うことで、産み分け指導に役立てられます。

 

 

また、産み分けのための受診は、一度きりという可能性が低いので、
通いやすさもポイントになります。
できることなら、自宅や職場から近く、
評判の良い病院を選ぶとよいでしょう。
もし、すでに分娩を経験しているのであれば、その病院で相談してみるのも、
お勧めです。

 

受診するタイミングは、排卵日近くが最も効率が良いでしょう。
排卵日の特定が目的なので、排卵日を過ぎていると、
また、次の月まで待つことになります。
特に、女の子を希望している人は、早めの受診が大切です。

 

そして、受診の際は、約3カ月分の基礎体温表と、
健康保険証も持参しましょう。
産み分けに関しては、健康保険は適用されませんが、
受診することによって、何らかの問題があった場合には、
適用されることもあります。



 

 

成功率93.3%の女の子産み分け法とは

産み分け

産み分け第一人者の吉田 美里氏が800人以上の成功者を出した健康な女の赤ちゃんを産む方法とは?!

 

 >> 公式サイトをチェック

 >> 男の子の産み分けはこちら

 

 

産婦人科別の特徴関連ページ

病院の選び方
産み分け方の指導内容