お母さんに選ばれる3つのポイントとは?

ベイビーサポート新規バナー(2017/4/27追加)

タイ

a0006_000918.jpg
産み分け希望の強い人の中には、
女の子を授かる可能性を、
少しでも高くするために、
海外へ渡る人もいらっしゃいます。

 

中でも、渡航先に選ばれる地域として、
主にはシドニーアメリカタイ
選択されるケースが多くなっています。

 

これらの地域では、ドクターの技術にも定評があります。
そして、これらの地域の中でも、移動距離や時差、費用のことを考えると、
タイでチャレンジする方が、取り組みやすくなっています。

 

 

タイでは、体外受精をしてできた受精卵を、培養中に、
X、Y染色体のどちらかを調べて、希望する性別の受精卵のみ移植して、
男女の産み分けをすることができます。
この方法であれば、日本での産み分けに比べ、確率は高くなります。

 

しかし、飛行機代から宿泊費、治療費などを含めると、かなりの金額になり、
また、海外での受診は、精神的にも大きな負担になるので、産み分けに対して、
特別な理由がない限り、なかなか踏み切れない方法にはなります。

 

 

そして、こういった方法を選択する場合、ドクターや培養士の技術を調べたり、
どこの病院にするか、コストやスケジュール調整など、
比較検討しなければならない課題は、たくさんあります。

 

ですから、日本での産み分けに比べると、かなりハードなものとなるでしょう。
そして、産み分けに対する確率は上がったとしても、
確実に妊娠できるわけではありません。

 

そのため、この方法を選択する場合は、さまざまな面を考慮したうえで、
決断する必要があります。



 

 

成功率93.3%の女の子産み分け法とは

産み分け

産み分け第一人者の吉田 美里氏が800人以上の成功者を出した健康な女の赤ちゃんを産む方法とは?!

 

 >> 公式サイトをチェック

 >> 男の子の産み分けはこちら

 

 

タイ関連ページ

中国
ブラジル式