お母さんに選ばれる3つのポイントとは?

ベイビーサポート新規バナー(2017/4/27追加)

2人目

phm20_0142-s.jpg産み分け指導を受けることができるのは、
特別な理由がない限り、
2人目からとなっています。

 

 

ですから、一般的には、
2人目希望の母親が、
初めて産み分けに
取り組むことになります。

 

赤ちゃんは、授かっただけでも喜びでいっぱいになりますが、
1人目の性別とは、違う赤ちゃんを育ててみたいという気持ちもありますよね。

 

 

一昔前は、後継ぎ問題などもあり、男の子希望の人も多かったのですが、
最近は、女の子を希望する人が多くなっています。

 

そして、産み分けをする大前提として、
妊娠できる状態でなければなりません。
そのためには、排卵がきちんとされていなければなりません。

 

どうしても、1人目の時より、2人目はいくらか年齢が高くなっています。
そして、一人目の子育てで、睡眠不足になっていたり、
疲労がたまっていることで、ホルモンバランスが崩れているケースも、
考えられます。

 

 

このように、2人目不妊という言葉もあるくらい、なかなか思った通りに、
妊娠できないケースもあります。
そのため、いくら産み分けをしたいと思っていても、
排卵日を特定するのが厳しい状況であれば、
産み分けは難しくなってしまいます。

 

ですから、一度病院で妊娠するのに問題のない状態かを、
調べてもらうことをお勧めします。
そして、日常生活の中で、見直しできるところがあれば、
食生活や睡眠時間、運動量など、生活改善も効果的です。
そのうえで、産み分けにチャレンジすれば、よりスムーズに進むことでしょう。



 

 

成功率93.3%の女の子産み分け法とは

産み分け

産み分け第一人者の吉田 美里氏が800人以上の成功者を出した健康な女の赤ちゃんを産む方法とは?!

 

 >> 公式サイトをチェック

 >> 男の子の産み分けはこちら

 

 

2人目関連ページ

初めての妊娠
3人目
双子