お母さんに選ばれる3つのポイントとは?

ベイビーサポート新規バナー(2017/4/27追加)

初めての妊娠

imgDownload.jpg
病院で行われている産み分け指導は、
基本的に初めての出産ではできない
ことになっています。

 

しかし、遺伝の問題などがあるケースでは、
産み分けが認められることもあります。

 

 

本来、産み分けが行われてきた背景として、
伴性遺伝を回避するということが、主な目的でした。

 

遺伝は、親から子へと受け継がれるものですが、
この遺伝子は、性別によって、遺伝の仕方が異なります。
ですから、産み分けをすることによって、
遺伝による病気の発症率が低くなったり、
なくなっていくというメリットも考えられます。

 

 

主な伴性遺伝の疾患として、血友病や色覚異常、夜盲症、仮性肥大症、
筋委縮症などがあります。
例えば、血友病の場合、男の子が生まれた場合に、発症します。
これは、血液が固まりにくくなり、出血が止まらなくなる病気です。

 

 

また、色覚異常に関しても、女の子に比べ、
男の子の方が、発症しやすくなっています。
この病気では、色覚正常者の人に比べて、色の感じ方や見え方が異なります。
そして、この病気の多くは、赤緑色覚異常となります。

 

その他、夜盲症では、暗いところでは、物がみえにくくなります。
これらの病気は、生活に不自由を感じるだけでなく、
職業の選択肢が少なくなったり、命の危険も考えられます。

 

 

しかし、産み分けをすることによって、ある程度、
遺伝病を発症させる可能性を低くしたり、回避できる可能性があるのであれば、
チャレンジする意味は、あるのではないでしょうか。
もし、こういった可能性が考えられる場合は、初めての妊娠であっても、
病院で相談してみることをお勧めします。



 

 

成功率93.3%の女の子産み分け法とは

産み分け

産み分け第一人者の吉田 美里氏が800人以上の成功者を出した健康な女の赤ちゃんを産む方法とは?!

 

 >> 公式サイトをチェック

 >> 男の子の産み分けはこちら

 

 

初めての妊娠関連ページ

2人目
3人目
双子