お母さんに選ばれる3つのポイントとは?

ベイビーサポート新規バナー(2017/4/27追加)

産み分けカレンダー

a0006_002881.jpg
産み分けカレンダーとは、
受胎の年齢と月によって、
赤ちゃんの産み分けができる
一覧表のことです。

 

このカレンダーには、
中国式とブラジル式があり、
どちらも、表のピンクの部分が女の子、
ブルーの部分が男の子となっています。
この産みわけの確率は、中国人では99%で、
次いでアジア人でも90%となっており、このデータによると、
日本人がこの産み分け法をおこなっても、かなりの高確率となっています。

 

 

そうはいっても、同じ年齢の女性が同じ月に赤ちゃんを授かった場合、
全て同じ性別というのは、信じがたい面もありますよね。
ですから、この産み分けカレンダーのみを信じて産み分けをするより、
他の方法と併せて、参考程度にチェックしておくくらいの方が、
良いのではないでしょうか。

 

表をみて、希望する性別と異なるからといって、
妊娠を先延ばしにしていると、高齢出産の場合、妊娠そのものが困難になり、
その方が、かえってリスクになります。

 

 

この表の見方としては、受胎したい月と、
妊娠したい女性の年齢を数え年にして、その交点を見れば、
男の子が生まれるのか、女の子が生まれるのかがわかります。
数え年は、今の満年齢に、その年の誕生日をまだ迎えていなければ2歳ほど、
誕生日を迎えていれば、一歳程加えます。
こうすれば、その月に授かる性別の判断が可能になります。



 

 

成功率93.3%の女の子産み分け法とは

産み分け

産み分け第一人者の吉田 美里氏が800人以上の成功者を出した健康な女の赤ちゃんを産む方法とは?!

 

 >> 公式サイトをチェック

 >> 男の子の産み分けはこちら