お母さんに選ばれる3つのポイントとは?

ベイビーサポート新規バナー(2017/4/27追加)

精子の種類で決定する男女

phm20_0180-s.jpg
一般的に妊娠した後、性別がわかるのは、
妊娠5カ月付近になります。
しかし、男女の決定は妊娠してから
しばらくして決まるのではなく、
受精の時、すでに決まっています。

 

そして、その性別を決定しているのは、
男性の精子になります。

 

女の子を産む

 

精子と卵子は、それぞれ23本の染色体をもっており、
ここに、その人の遺伝子情報の全てが詰め込まれています。

 

その中でも、性別を決定するのは、男性の精子側の23番目の染色体で、
それが、X染色体であれば女の子、そして、Y染色体であれば、
男の子が生まれることになります。

 

 

この2種類の精子は、Y精子の方が多いため、
男の子が産まれやすいイメージがありますが、
女性の膣の内部は酸性の粘液で満たされているので、
酸に弱いY精子にとっては、不利な環境とも言えます。

 

そして、女性の体質によっても、膣内の酸性の度合いは異なるので、
酸性の度合いが強い人は、女の子が生まれる可能性が高くなります。
ただし、排卵日ちかくになると、子宮頸管粘液の分泌量が増え、
排卵日当日はピークになります。

 

これは、アルカリ性のため、Y精子が生き残れる可能性が高まります。
また、女性がオルガスムスを感じると、膣内がアルカリ性に傾くので、
男の子が生まれやすくなります。

 

 

ですから、女の子を希望する人は、できるだけ、
排卵日当日のセックスは避け、あっさりとしたセックスをすることで、
希望を叶えられる可能性が、高まるといえるでしょう。



 

 

成功率93.3%の女の子産み分け法とは

産み分け

産み分け第一人者の吉田 美里氏が800人以上の成功者を出した健康な女の赤ちゃんを産む方法とは?!

 

 >> 公式サイトをチェック

 >> 男の子の産み分けはこちら