お母さんに選ばれる3つのポイントとは?

ベイビーサポート新規バナー(2017/4/27追加)

失敗例

fotolia_38496510_xs.jpg
産み分けの失敗例として多いのが、
排卵日の計算違いです。

 

そして、女の子を産み分ける場合、
排卵日当日の男の子以上に、
性交のタイミングが難しくなります。

 

 

基礎体温を数カ月つけていれば、
自分の排卵のタイミングを
つかみやすくはなりますが、
それでも、月経不順の人や、低温期と高温期の温度差がない人は、
排卵日を特定するだけでも、困難です。

 

そういったミスを防止するためには、病院に通い、
そこで超音波を使って排卵日を特定してもらうことも、
解決法の1つとなります。

 

 

そして、規則正しい排卵を促す生活スタイルにすることも、大切です。
きちんとした排卵をおこなうためには、
「排卵を規則正しくするコツ」のところでも、詳しく説明していますが、
睡眠不足やストレスを解消し、バランスの良い食事をとることが大切です。

 

また、このように、失敗を防ぐために、
さまざまな方法を心がけていたとしても、妊娠は神秘的なことでもあり、
確実に産み分けをできる方法は、存在しません。

 

 

ですから、自分でできる限りのことをしたら、
あとは、結果を受け入れることも、大切です。
人によって、さまざまな事情があるとは思いますが、
あまりにも自分自身を追い詰めてしまうと、
精神的なストレスを抱えてしまうことにも、なりかねません。

 

そして、過剰なストレスは、産み分け以前に、
妊娠することすら難しくなってしまうので、
ある程度気楽に考えることも、産み分け成功の秘訣といえるでしょう。



 

 

成功率93.3%の女の子産み分け法とは

産み分け

産み分け第一人者の吉田 美里氏が800人以上の成功者を出した健康な女の赤ちゃんを産む方法とは?!

 

 >> 公式サイトをチェック

 >> 男の子の産み分けはこちら