お母さんに選ばれる3つのポイントとは?

ベイビーサポート新規バナー(2017/4/27追加)

費用

a0006_002418.jpg
産み分けの費用は、
どういった方法で行うかによって、
料金のかかり方も変わってきます。

 

 

書店で本を買って、
産み分けに関する知識を身につけ、
自宅で産み分けを実践すれば、ほとんど費用はかかりません。

 

しかし、病院で産み分け指導を受ければ、自宅で行うより、
費用はかかります。
その分、病院で産み分けをした方が、自宅で行うより、
産み分けの確率は高くなります。
そして、産み分けをする場合、
男の子と女の子のどちらを産み分けるかによっても、費用が異なります。

 

 

女の子の場合は、排卵日2日前の性交によって、
授かる可能性が高いため、タイミングをつかむことも難しく、
また、排卵日当日に性交する男の子の産み分けより、
妊娠しにくい状況です。
そのため、病院にしばらく通うことになる可能性も高くなります。

 

そこで、産み分けのために通院した場合、排卵のチェックをすれば、
一回の超音波検査料として、約2000円程度かかります。
また、ピンクゼリーの購入や、排卵検査薬などを購入すれば、
その料金もかかります。
検査の内容によっては、血液検査や尿検査、
排卵誘発剤の注射の費用も加算されます。
もし、パーコール法を行えば、10000円程度、
体外受精を行えば、20万円から50万円かかることもあります。

 

これらの費用も病院によって異なるので、これらの料金は参考程度として、
実際、通院予定の病院で、問い合わせをして、
確認をとることをお勧めします。
また、産み分けには、保険がきかないということも、
費用がかかる理由の1つとなっています。



 

 

成功率93.3%の女の子産み分け法とは

産み分け

産み分け第一人者の吉田 美里氏が800人以上の成功者を出した健康な女の赤ちゃんを産む方法とは?!

 

 >> 公式サイトをチェック

 >> 男の子の産み分けはこちら