お母さんに選ばれる3つのポイントとは?

ベイビーサポート新規バナー(2017/4/27追加)

hcg注射

ilm09_ea01087-s.jpg
hcg注射とは、
ヒト絨毛性ゴナドトロピンのことをいいます。
そして、この注射には、
卵胞ホルモンや黄体ホルモンの分泌を、
促進させる働きがあります。

 

そのため、主な役目としては、
確実に排卵をさせる役割と、排卵後、黄体ホルモンの分泌を促すことで、
高温期を安定させる働きがあります。

 

 

まず、排卵させるためには、卵胞を育てる必要があります。
この卵胞の成熟に問題のない人であれば、適切な大きさになるまで、
そのまま待ちます。

 

そして、もし、卵胞の成熟に問題があれば、排卵誘発剤であるクロミッドや、
HMG注射を使用することで、卵胞の成熟を促します。
こうして、卵胞が20ミリ前後に成熟した段階で、このhcg注射をして、
確実に排卵させることになります。

 

 

このhcg注射をすれば、36時間後に排卵させることが可能です。
また、この排卵のタイミングに合わせて性交をすることで、
より妊娠率を高めることが可能になります。

 

主な副作用としては、下腹部の張りや、痛みなどが考えられます。
場合によっては、卵巣過剰刺激症候群の原因となることもあるので、
注意が必要です。

 

主な症状としては、お腹に水がたまることで、脱水症状を起こして、
入院ということも考えられます。
こういった症状は、若くて卵巣の反応が良い人や、
多のう胞性卵巣症候群の人に、起こりやすくなっています。
ですから、この注射を使用する場合は、副作用も考慮したうえで、
使用することが大切です。



 

 

成功率93.3%の女の子産み分け法とは

産み分け

産み分け第一人者の吉田 美里氏が800人以上の成功者を出した健康な女の赤ちゃんを産む方法とは?!

 

 >> 公式サイトをチェック

 >> 男の子の産み分けはこちら

 

 

hcg注射関連ページ

不妊治療
クロミッド
顕微授精
人工授精