お母さんに選ばれる3つのポイントとは?

ベイビーサポート新規バナー(2017/4/27追加)

不妊治療

ilm16_aa01031-s.jpg
不妊治療の一般的な流れとしては、
最初にタイミング法を行い、
次に人工授精、そして、
体外受精、顕微授精となります。

 

これらの流れのなかで、
さまざまな検査や
治療を行うことになります。

 

 

タイミング法

まず、タイミング法は、女性の卵胞の大きさを超音波検査で測り、
そこで、排卵の時期を予測し、排卵しやすい時期に、
性交をする指導が行われます。
これを、半年から1年程度継続して妊娠しなければ、
ステップアップしていきます。

 

 

人工授精

次のステップとして、人工授精があります。
この方法は、直接子宮の中に、精子を注入する方法です。
このやり方であれば、精子の泳ぐ距離が半分になり、
より受精しやすくなります。
人工授精を5回から10回継続して、妊娠に至らなければ、
次のステップとして、高度生殖医療である体外受精を行うことになります。

 

この方法になると、肉体的にも、精神的にも、
そして、経済的にも負担が大きくなります。
体外受精になれば、病院によっても異なりますが、
1回の費用が、30万円から60万円程度かかります。

 

 

このように、不妊治療にはさまざまな負担が、大きくのしかかってきます。
ですから、夫婦での協力はもちろん、医師との治療方針が、
一致していることも重要です。

 

もし、治療方針に納得できない場合は、
セカンドオピニオンを求めることも選択肢の1つです。
また、不妊治療をやめたら自然妊娠をしたという声も、良く聞きます。
ですから、治療にのめりこみすぎるのではなく、
時には、治療をステップダウンすることも、必要です。



 

 

成功率93.3%の女の子産み分け法とは

産み分け

産み分け第一人者の吉田 美里氏が800人以上の成功者を出した健康な女の赤ちゃんを産む方法とは?!

 

 >> 公式サイトをチェック

 >> 男の子の産み分けはこちら