お母さんに選ばれる3つのポイントとは?

ベイビーサポート新規バナー(2017/4/27追加)

赤ちゃんを産むための治療

産み分けをするためには、赤ちゃんを産むための確率を上げることも重要です。しかし、赤ちゃんが欲しくても、なかなか授からないケースもあります。そういった人に向けて、妊娠しやすくなる治療方法を紹介します。

 

赤ちゃんを産むための治療記事一覧

不妊治療の一般的な流れとしては、最初にタイミング法を行い、次に人工授精、そして、体外受精、顕微授精となります。これらの流れのなかで、さまざまな検査や治療を行うことになります。タイミング法まず、タイミング法は、女性の卵胞の大きさを超音波検査で測り、そこで、排卵の時期を予測し、排卵しやすい時期に、性交をする指導が行われます。これを、半年から1年程度継続して妊娠しなければ、ステップアップしていきます。人...

hcg注射とは、ヒト絨毛性ゴナドトロピンのことをいいます。そして、この注射には、卵胞ホルモンや黄体ホルモンの分泌を、促進させる働きがあります。そのため、主な役目としては、確実に排卵をさせる役割と、排卵後、黄体ホルモンの分泌を促すことで、高温期を安定させる働きがあります。まず、排卵させるためには、卵胞を育てる必要があります。この卵胞の成熟に問題のない人であれば、適切な大きさになるまで、そのまま待ちま...

クロミッドは、クロミフェンともいい、経口薬の排卵誘発剤です。主に、無月経や無排卵、黄体機能不全の改善や、人工授精の妊娠率を高めるために、使用されます。この薬を使用することで、脳に作用し、卵胞刺激ホルモン(FSH)の分泌を、促す効果があります。そうすると、卵胞の発育が良くなり、排卵を促します。その反面、副作用として、子宮内膜が薄くなってしまったり、頸管粘液の減少などのリスクも考えられます。また、自然...

体外受精とは、体外に女性の卵子を取り出し、パートナーの精子とシャーレの中で受精させ、その受精卵を、再度子宮へ戻す方法です。その時、受精方法には、2種類あります。1つ目は卵子の入っているシャーレの中に、精子をばらまき、自然に受精させる方法です。2つ目が卵子に直接精子を受精させる方法です。これらの受精方法のなかで、後者のやり方を、顕微授精をいいます。顕微授精を行うメリットとして、男性の精子の数が少ない...

人工授精は、不妊治療の中で、タイミング指導を半年から一年受けたのち、妊娠に至らなかった人たちが、次のステップとして取り組む治療法です。この治療を簡単にいえば、男性の精液を女性の子宮内に注入する方法です。この治療に有効である主なケースは、男性の精子の数が少ない、運動率が低いといった時や、女性の子宮頸管粘液が、不十分な場合などです。この治療は、健康保険適応外になりますが、1回の人工授精が、1万円から2...

成功率93.3%の女の子産み分け法とは

産み分け

産み分け第一人者の吉田 美里氏が800人以上の成功者を出した健康な女の赤ちゃんを産む方法とは?!

 

 >> 公式サイトをチェック

 >> 男の子の産み分けはこちら